LINEで送る
Pocket

どうして無添加の基礎化粧品が肌に良いといわれるのでしょうか。使っている成分が無添加であり、自然に近い成分しか使っていない為、肌が弱い赤ちゃんでも使えるぐらい肌に優しいためです。

 

最近は子どもたちの中に、アトピーなどの肌疾患を抱えているケースが多いといいます。基礎化粧品は無添加のものを、お母さんの子供たちが触るかもしれない肌には、使ったほうが良いのではないでしょうか。

 

子供でも使えるぐらいの成分なので、無添加の基礎化粧品は安心して使うことができるでしょう。

 

自分の肌の自然治癒力が無添加の基礎化粧品を使っていると増加することが、無添加の基礎化粧品を使用する人が増加している理由の一つとしてあげられます。

 

自分で治癒する能力が、本来は人間の体には多少ダメージがあっても、備わっているようです。基礎化粧品は添加物や化学的に作られたばかりのものを使っていると、体本来の治癒力が化粧品の力に頼りすぎてだんだんと弱まってしまうのです。

 

低下してしまった自然治癒力が、無添加の基礎化粧品を使っていることで戻ってくると感じられるかもしれません。

 

肌の反応は、無添加の基礎化粧品を使い始めてすぐに感じられるほど良くはないようです。自分の肌の中に残っていた化学的な物質が3~6ヶ月程度続けて使っている内にぬけて、自然治癒力が肌本来は少しずつ戻ってくるようです。

 

これが無添加の基礎化粧品の能力だといえるのではないでしょうか。